大谷翔平が母子家庭はデマ!むしろ父親・徹の野球人生が今でもすごい!

毎日の活躍から目が離せない大谷翔平選手。

そんな大谷選手は母子家庭で育った?という噂がありますが、両親は離婚しておらずこの噂はデマです。

大谷選手の父親は大谷徹さんといい、プロを目指していた元野球選手なんです。

この記事では、そんな大谷翔平選手の父親・大谷徹さんについてまとめます。

関連記事



スポンサーリンク
目次

「大谷翔平は母子家庭」はデマ!

大谷翔平選手の写真
Yahoo!ニュースより

大谷翔平選手について、ネット上では「母親家庭なのでは?」という噂が存在しています。

しかし、次のことからこの噂はデマであることが分かります。

  • 2015年に両親2人で日刊ゲンダイに全41回にわたる連載の取材を受けている
  • 2018年にも両親は2人揃って開幕戦を観戦している
  • 大谷選手のシーズン中は両親2人で岩手県で暮らしている

大谷翔平選手の試合を2人で見に来ている姿が確認されていますね。

父・徹さんと母・加代子さん(スポニチより)

また、そのほかにも「大谷選手は母親が亡くなった」との噂もありますが、こちらももちろんデマです。

それでは、なぜ「大谷選手は母子家庭」というデマが出回ってしまっているのでしょうか?

噂の理由は佐々木朗希との勘違い?

大谷翔平と佐々木朗希の2ショット写真
日刊スポーツより

大谷選手が母子家庭だと勘違いされる理由は、他の選手との勘違いによるものでしょう。

  • 佐々木朗希投手が母子家庭育ち
  • ダルビッシュ有投手が過去に母子家庭を支援していた

“令和の怪物”と呼ばれる佐々木朗希投手ですが、9歳の頃に東日本大震災で父親を亡くし母子家庭となっています。

高田小3年のとき、小学校で被災した。津波から逃れようと、みんなで高台へと逃げた。

避難所で兄弟3人で一夜を明かし、翌朝には母・陽子さんと再会できたが、自宅は流された。

最愛の父と祖父母は津波にのみ込まれた。

スポニチより

大谷翔平選手も岩手県育ちで、高校1年のときに岩手県花巻市の花巻東高校で震災に遭遇しています。

震災後に無事家族と連絡がとれたようですが、

大谷選手

練習中に、ものすごく大きな揺れがありました。
どれぐらいの規模の地震なのか分からず、あんなことになるとは全く想像できませんでした。

と当時を振り返っています。

大谷翔平投手と佐々木朗希投手はどっちが速い?など比較されることも多く、勘違いが生まれているんでしょうね。

また、同じく日ハムからメジャーに羽ばたいたダルビッシュ投手は、2020年に母子家庭を支援する団体に寄付をしています。

ダルビッシュ有投手は24日、動画投稿サイト「ユーチューブ」の自身のチャンネルで昨年11月に得た収益470万9892円を国立がん研究センターと、母子家庭を支援するNPO法人リトルワンズに半額ずつ寄付したと公表した。

日経新聞より

ちなみにダルビッシュ投手も母子家庭で育ったわけではなく、

ダルビッシュ投手

本当に困っているところに寄付したい

という想いから寄付をしたようです。

このような選手と勘違いされた結果、大谷選手は母子家庭なのでは?と噂されるようになったんですね。

大谷翔平の父親・大谷徹さんがすごい!

大谷翔平の父・大谷徹の写真
日刊ゲンダイより

大谷翔平選手の父親はたびたびメディアに登場しています。

大谷翔平選手のお父さんのお名前は、大谷徹さんといいます。

大谷選手の父親のプロフィール

名前:大谷徹

生年月日:1962年

身長:182cm

出身:岩手県北上市

職業:・自動車ボディーメーカー勤務(2016年に退社)

   ・少年野球チーム監督

父親・大谷徹さんも野球に打ち込んだ人物で、現在は少年野球チームの監督を務めています。

2016年には監督業に専念するため、務めていた自動車ボディーメーカーを退職。

大谷翔平選手の野球のルーツはそんな父親・徹さんにあったんです。

父親の野球の経歴がすごい!

大谷翔平選手の父親・徹さんは、中学2年生から野球部に所属していました。

プロ野球選手を目指すほど、かなり優秀な選手だったようなんです。

  • 中学時代はエース兼4番打者として、県内の野球強豪校監督の目に留まる存在だった
  • 高校時代は強豪校・黒沢尻工業で1・3・5番打者として活躍し、甲子園出場の一歩手前
  • 卒業後は三菱重工横浜で野球部に所属し、主力に近い位置でプレー

しかし入社6年目の24歳のとき、監督から戦力外通告を受け現役を引退します。

そのときの気持ちについて、徹さんは次のように振り返っています。

大谷徹さん

まさか自分が…という気持ちは正直ありました。
やらせてくださいと言えばよかったのかもしれませんけど…
言えなかったですね

当時は大谷翔平選手の母親・加代子さんとの結婚の話も進んでおり、仕事に専念することを決心したそうです。

そんな父親・徹さんが再び野球と関わるようになったのは、地元の自動車ボディーメーカーに転職し、大谷翔平選手が小学2年生になった頃。

徹は大谷が小学校2年の秋、水沢リトルに入ると同時に、「自分も勉強させてください」とチームのコーチを買って出た。

日刊ゲンダイより

自動車ボディーメーカーの仕事と少年野球コーチを両立しながらも、大谷翔平選手を支えていたんです。

大谷徹さん

なにかあったときには「こうした方がいい」と話をしました。
でも車の中だと寝るし、話が伝わらないので、帰ってきて風呂の中で。
中学2年生くらいまではそんなふうに話をしていました

のちに父親・徹さんは水沢リトルの監督も務め、2014年には有志とともに「金ケ崎リトルシニア」を立ち上げ、現在も監督をしています。

そんな徹さんの徹底的なサポートがあったからこそ、今の大谷翔平選手があるんですね。

父親の身長が高い!

大谷翔平選手の父親・徹さんの身長は、182cmです。

身長193cmの大谷翔平選手と並んでも、このとおり!

Movie Walkerより

ちなみに、大谷徹さんのお父さん(大谷翔平選手のおじいちゃん)も身長は180cmあったそうで、

大谷徹さん

父が授業参観で学校に来ると、同級生の父兄の中で頭ひとつ出ていました

と話しています。

また、大谷翔平選手の母親・加代子さんも身長170cmと高身長。

大谷翔平選手には必然的に背が高くなるDNAが流れている…ということですね。

父親の職業に対する考え方がすごい!

大谷翔平選手が二刀流で大注目されるようになった後も、父親・徹さんは会社員としての仕事を続けます。

そして、2016年に退職をするのですが、その理由は

立ち上げた「金ヶ崎リトルシニア」の監督業の活動に専念するため

でした。

勤務先には、

大谷徹さん

会社員との二刀流はできない!

と言って退職したそうです。

決してプロとして成功した大谷翔平選手の稼ぎに乗っかるわけではなく、あくまでも自分の夢の実現のため。

大谷翔平選手の母親・加代子さんも同様に、地元でのパートを続けていました。

その理由は、「自分たちの暮らしは自分たちで」という思いによるもの。

父親・徹さんは「仕事を辞めようと思ったことはあるか」という質問に対して、次のように答えていました。

大谷徹さん

翔平が高校からアメリカに行くなら、会社を辞めてついて行こうと。考えたのはそのときくらいですかね。
子供に、「ごめん、食わしてくれ」とは言いづらいですよね、親として

子供は子供、親は親として考えているという大谷翔平さんの両親。

このような謙虚な姿勢が、あの大谷翔平選手を育てたんだと実感できますよね。

まとめ

以上、大谷翔平選手の父親・徹さんについてまとめました。

  • 大谷翔平が母子家庭はデマで、佐々木朗希との勘違いが理由?
  • 父親も身長が182cmと高く、プロを目指していた野球選手だった
  • 今は少年野球チームの監督を務めており、その夢の実現のために会社員を退職した

息子である大谷翔平選手が世界で活躍している姿を、ひっそりと見守っている素敵なお父さんですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

その他話題の記事はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次